生活情報

投稿を読む
カテゴリーFamily生活サポート
作成者

韓国留学ビザ情報

韓国で留学する場合は有効なパスポットと韓国大使館、領事館で発行されたビザが必要です。
日本人が韓国の大学校、大学院等の正規課ヘ程留学する場合は、留学ビザ(D-2)を、大学校付属語学コース(語学堂)へ語学留学する場合や、大学校間交流協定による交換留学では一般研修ビザ(D-4)を習得しなければなりません。
90日以内での滞在はビザが免除されていますがその場合は韓国内でのビザ申請や滞在期間の更新が出来ないので、事前に参加する留学コースのスケジュールでビザが必要となるか確認することが必要です。 

留学(D-2)ビザ 

 教育法の規定により設立された専門大学、大学、大学院又は特別法の規定により設立された専門大学以上の学術研究機関での正規課程(学士•修士•博士)の教育を受けるか特定の研究をしようとする者 

  

ビザ発給の申請方法及び提出書類 

申請者本人が大韓民国の大使館又は領事館でビザ発給を申請します。 

 

提出書類 

◆ 共通提出書類

- 旅券の写本 

- 査証発給申込書 又は査証発給認定申込書 

- 手数料 (シングル査証:の50ドルに相当する金額、マルチプル査証:の80ドルに相当する金額) 

◆ 資格別提出書類 

正規課程(学士・修士・博士)の教育を受けた場合

- 修学能力及び財政能力に対する審査から決定した内容が含まれた標準入学許可書(総・学長が発行)

- 最終学歴証明書

- 預金残高証明書

特定研究をしようとする場合

- 最終学歴証明書

- 身元保証書又は財政のことを証明する書類

なお、生まれた際に大韓民国籍を保有していた、海外養子は身元保証書の提出を免除する

一般研修(D-4)ビザ

大学付設の語学院で韓国語を研修する者留学(D-2)の資格に該当する教育機関又は学術研究機関以外の教育機関で教育を受ける者国・公立又は公共の研究機関など(研修院、団体)で技術、機能などを研修する者 

  

ビザ発給の申請方法及び提出書類 

申請者本人が大韓民国の大使館又は領事館でビザ発給を申請します。 

  

提出書類 

※ 審査の過程において必要だと認定された場合は提出書類をの追加等もあります。 

◆ 共通提出書類 

旅券(査証発給認定書を申込む際は旅券の写本) 

査証発給申込書 又は査証発給認定申込書 

手数料 (シングル査証:の50ドルに相当する金額、マルチプル査証:の80ドルに相当する金額) 

※ なお、査証発給認定書を申込む際には手数料はかかりません。  

 

◆ 資格別提出書類 

大学付設の語学院で韓国語を学ぶ学生又は。大学間の学術交流の協定による産学研修のための交換学生の場合

- 入学又は在学を証明する書類

- 財政のことを証明する書類(国内への送金額がの3、000ドル以上であること又は両替証明書)又は大学間の学術交流協定に関する書類

- 身元保証書(学費など在留する間に必要な経費を払えることを証明することができない場合または法務部長官がが特に必要だと認める場合に限る)

小・中・高校に在学する外国籍の学生の場合

- 入学許可書

- 在学証明書又は卒業証明書

- 財政のことを証明する書類 

 

その他の研修の場合 

- 研修を証明する書類

- 研修機関の設立に関する書類

- 財政のことを証明する書類

: 研修機関が在留経費などを負担する場合は、経費負担の確認書

: その他の場合は国内への送金又は、両替証明書(3,0000ドル以上)

- 身元保証書(学費など在留する間に必要な経費を払えることを証明することができない場合または法務部長官が特に必要だと認める場合に限る)


コメント

(自動登録防止数字を入力してください。)