生活情報

投稿を読む
カテゴリーFamily生活サポート
作成者

日本の電圧は100V(ボルト)で、韓国の電圧は220Vです。 

韓国の差し込みコンセントは穴の形状が日本と異なり差し込めません。 

最近の日本製品は、ノートパソコンやドライヤー、デジカメの充電器など、220V対応型もありますが、 そのままではコンセントに入りません。 ソケットは必需品です。

日本の電化製品を使う場合は変換プラグまたは変圧器が必要です。 

変換プラグは、日本の電化製品店、空港等で、500円~800円程度で買うことができます。 


 

海外の電気事情は日本と異なり、日本仕様の家電製品を使うと大変危険です。

韓国の電圧は220Vなのでそのまま日本の電化製品は使用できません。 

電圧と日本の家電製品に合わせる為に変圧器(トランス)が必要です。 



 

プラグとコンセントの形状 

プラグは旅行先に対応したアダプタープラグが必要です。 

日本の電圧は100V(ボルト)で、Aタイプのプラグですが 韓国の電圧は220Vです。

220Vはヨーロッパと同じCまたはSE型。

コメント

(自動登録防止数字を入力してください。)